万葉集2197番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2197番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2197番について

歌番号

2197番

原文

灼然|四具礼乃雨者|零勿國|大城山者|色付尓家里|[謂大城山者|在筑前<國>御笠郡之大野山頂|号曰大城者也]

訓読

いちしろくしぐれの雨は降らなくに大城の山は色づきにけり|[謂大城山者|在筑前<國>御笠郡之大野山頂|号曰大城者也]

かな読み

いちしろく|しぐれのあめは|ふらなくに|おほきのやまは|いろづきにけり

カタカナ読み

イチシロク|シグレノアメハ|フラナクニ|オホキノヤマハ|イロヅキニケリ

ローマ字読み|大文字

ICHISHIROKU|SHIGURENOAMEHA|FURANAKUNI|OHOKINOYAMAHA|IROZUKINIKERI

ローマ字読み|小文字

ichishiroku|shigurenoameha|furanakuni|ohokinoyamaha|irozukinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|福岡県|太宰府|地名|季節|属目

校異

->國【元】【類】【紀】

寛永版本

いちしろく[寛],
しぐれのあめは,[寛]しくれのあめは,
ふらなくに[寛],
おほきのやまは[寛],
いろづきにけり,[寛]いろつきにけり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました