万葉集2246番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2246番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2246番について

歌番号

2246番

原文

秋田之|穂<上>置|白露之|可消吾者|所念鴨

訓読

秋の田の穂の上に置ける白露の消ぬべくも我は思ほゆるかも

かな読み

あきのたの|ほのうへにおける|しらつゆの|けぬべくもわは|おもほゆるかも

カタカナ読み

アキノタノ|ホノウヘニオケル|シラツユノ|ケヌベクモワハ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

AKINOTANO|HONOHENIOKERU|SHIRATSUYUNO|KENUBEKUMOWAHA|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

akinotano|honoheniokeru|shiratsuyuno|kenubekumowaha|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物

校異

上尓->上【類】【紀】【温】

寛永版本

あきのたの[寛],
ほのうへにおける[寛],
しらつゆの[寛],
けぬべくもわは,[寛]けぬへくわれは,
おもほゆるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました