万葉集2175番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2175番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2175番について

歌番号

2175番

原文

日来之|秋風寒|芽子之花|令散白露|置尓来下

訓読

このころの秋風寒し萩の花散らす白露置きにけらしも

かな読み

このころの|あきかぜさむし|はぎのはな|ちらすしらつゆ|おきにけらしも

カタカナ読み

コノコロノ|アキカゼサムシ|ハギノハナ|チラスシラツユ|オキニケラシモ

ローマ字読み|大文字

KONOKORONO|AKIKAZESAMUSHI|HAGINOHANA|CHIRASUSHIRATSUYU|OKINIKERASHIMO

ローマ字読み|小文字

konokorono|akikazesamushi|haginohana|chirasushiratsuyu|okinikerashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

このころの[寛],
あきかぜさむし,[寛]あきかせさむし,
はぎのはな,[寛]はきのはな,
ちらすしらつゆ[寛],
おきにけらしも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました