万葉集1790番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1790番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1790番について

歌番号

1790番

原文

秋芽子乎|妻問鹿許曽|一子二|子持有跡五十戸|鹿兒自物|吾獨子之|草枕|客二師徃者|竹珠乎|密貫垂|齋戸尓|木綿取四手而|忌日管|吾思吾子|真好去有欲得

訓読

秋萩を|妻どふ鹿こそ|独り子に|子持てりといへ|鹿子じもの|我が独り子の|草枕|旅にし行けば|竹玉を|繁に貫き垂れ|斎瓮に|木綿取り垂でて|斎ひつつ|我が思ふ我子|ま幸くありこそ

かな読み

あきはぎを|つまどふかこそ|ひとりこに|こもてりといへ|かこじもの|あがひとりこの|くさまくら|たびにしゆけば|たかたまを|しじにぬきたれ|いはひへに|ゆふとりしでて|いはひつつ|あがおもふあこ|まさきくありこそ

カタカナ読み

アキハギヲ|ツマドフカコソ|ヒトリコニ|コモテリトイヘ|カコジモノ|アガヒトリコノ|クサマクラ|タビニシユケバ|タカタマヲ|シジニヌキタレ|イハヒヘニ|ユフトリシデテ|イハヒツツ|アガオモフアコ|マサキクアリコソ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGIO|TSUMADOFUKAKOSO|HITORIKONI|KOMOTERITOIHE|KAKOJIMONO|AGAHITORIKONO|KUSAMAKURA|TABINISHIYUKEBA|TAKATAMAO|SHIJININUKITARE|IHAHIHENI|YUFUTORISHIDETE|IHAHITSUTSU|AGAOMOFUAKO|MASAKIKUARIKOSO

ローマ字読み|小文字

akihagio|tsumadofukakoso|hitorikoni|komoteritoihe|kakojimono|agahitorikono|kusamakura|tabinishiyukeba|takatamao|shijininukitare|ihahiheni|yufutorishidete|ihahitsutsu|agaomofuako|masakikuarikoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|母親|愛情|送別|羈旅|餞別|安全|天平5年年紀|植物|動物|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|短歌【西】短謌【西(訂正)】短歌

寛永版本

あきはぎを,[寛]あきはきを,
つまどふかこそ,[寛]つまとふかこそ,
ひとりこに,[寛]ひとつこふたつ,
こもてりといへ,[寛]こもたりといへ,
かこじもの,[寛]かこしもの,
あがひとりこの,[寛]わかひとりこの,
くさまくら[寛],
たびにしゆけば,[寛]たひにしゆけは,
たかたまを[寛],
しじにぬきたれ,[寛]ししにぬきたれ,
いはひへに[寛],
ゆふとりしでて,[寛]ゆふとりしてて,
いはひつつ[寛],
あがおもふあこ,[寛]わかおおふわかこ,
まさきくありこそ,[寛]まよしこきてかなな,

巻数

第9巻

作者

遣唐使母

タイトルとURLをコピーしました