万葉集1743番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1743番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1743番について

歌番号

1743番

原文

大橋之|頭尓家有者|心悲久|獨去兒尓|屋戸借申尾

訓読

大橋の頭に家あらばま悲しく独り行く子に宿貸さましを

かな読み

おほはしの|つめにいへあらば|まかなしく|ひとりゆくこに|やどかさましを

カタカナ読み

オホハシノ|ツメニイヘアラバ|マカナシク|ヒトリユクコニ|ヤドカサマシヲ

ローマ字読み|大文字

OHOHASHINO|TSUMENIIHEARABA|MAKANASHIKU|HITORIYUKUKONI|YADOKASAMASHIO

ローマ字読み|小文字

ohohashino|tsumeniihearaba|makanashiku|hitoriyukukoni|yadokasamashio

左注|左註

右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|美女|孤独|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おほはしの[寛],
つめにいへあらば,[寛]ほとりにいへあらは,
まかなしく[寛],
ひとりゆくこに[寛],
やどかさましを,[寛]やとかさましを,

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました