万葉集1712番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1712番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1712番について

歌番号

1712番

原文

天原|雲無夕尓|烏玉乃|宵度月乃|入巻恡毛

訓読

天の原雲なき宵にぬばたまの夜渡る月の入らまく惜しも

かな読み

あまのはら|くもなきよひに|ぬばたまの|よわたるつきの|いらまくをしも

カタカナ読み

アマノハラ|クモナキヨヒニ|ヌバタマノ|ヨワタルツキノ|イラマクヲシモ

ローマ字読み|大文字

AMANOHARA|KUMONAKIYOHINI|NUBATAMANO|YOWATARUTSUKINO|IRAMAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

amanohara|kumonakiyohini|nubatamano|yowatarutsukino|iramakuoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|茨城|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

あまのはら[寛],
くもなきよひに[寛],
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よわたるつきの[寛],
いらまくをしも[寛],

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました