万葉集1769番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1769番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1769番について

歌番号

1769番

原文

如是耳志|戀思度者|霊剋|命毛吾波|惜雲奈師

訓読

かくのみし恋ひしわたればたまきはる命も我れは惜しけくもなし

かな読み

かくのみし|こひしわたれば|たまきはる|いのちもわれは|をしけくもなし

カタカナ読み

カクノミシ|コヒシワタレバ|タマキハル|イノチモワレハ|ヲシケクモナシ

ローマ字読み|大文字

KAKUNOMISHI|KOHISHIWATAREBA|TAMAKIHARU|INOCHIMOWAREHA|OSHIKEKUMONASHI

ローマ字読み|小文字

kakunomishi|kohishiwatareba|tamakiharu|inochimowareha|oshikekumonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|豊前國娘子紐兒|恋情|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

かくのみし[寛],
こひしわたれば,[寛]こひしわたらは,
たまきはる[寛],
いのちもわれは[寛],
をしけくもなし[寛],

巻数

第9巻

作者

抜氣大首

タイトルとURLをコピーしました