万葉集1754番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1754番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1754番について

歌番号

1754番

原文

今日尓|何如将及|筑波嶺|昔人之|将来其日毛

訓読

今日の日にいかにかしかむ筑波嶺に昔の人の来けむその日も

かな読み

けふのひに|いかにかしかむ|つくはねに|むかしのひとの|きけむそのひも

カタカナ読み

ケフノヒニ|イカニカシカム|ツクハネニ|ムカシノヒトノ|キケムソノヒモ

ローマ字読み|大文字

KEFUNOHINI|IKANIKASHIKAMU|TSUKUHANENI|MUKASHINOHITONO|KIKEMUSONOHIMO

ローマ字読み|小文字

kefunohini|ikanikashikamu|tsukuhaneni|mukashinohitono|kikemusonohimo

左注|左註

右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|茨城|国見|歌垣|大伴旅人|道足|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

けふのひに[寛],
いかにかしかむ,[寛]いかかをよはむ,
つくはねに[寛],
むかしのひとの[寛],
きけむそのひも[寛],

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました