万葉集1717番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1717番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1717番について

歌番号

1717番

原文

三川之|淵瀬物不落|左提刺尓|衣手<潮>|干兒波無尓

訓読

三川の淵瀬もおちず小網さすに衣手濡れぬ干す子はなしに

かな読み

みつかはの|ふちせもおちず|さでさすに|ころもでぬれぬ|ほすこはなしに

カタカナ読み

ミツカハノ|フチセモオチズ|サデサスニ|コロモデヌレヌ|ホスコハナシニ

ローマ字読み|大文字

MITSUKAHANO|FUCHISEMOCHIZU|SADESASUNI|KOROMODENURENU|HOSUKOHANASHINI

ローマ字読み|小文字

mitsukahano|fuchisemochizu|sadesasuni|koromodenurenu|hosukohanashini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|滋賀県|愛知|羈旅

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|湖->潮【類】【古】【紀】

寛永版本

みつかはの[寛],
ふちせもおちず,[寛]ふちせもおちぬ,
さでさすに,[寛]さてけしに,
ころもでぬれぬ,[寛]ころもてぬれぬ,
ほすこはなしに[寛],

巻数

第9巻

作者

春日蔵首老

タイトルとURLをコピーしました