万葉集1776番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1776番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1776番について

歌番号

1776番

原文

絶等寸笶|山之<峯>上乃|櫻花|将開春部者|君<之>将思

訓読

絶等寸の山の峰の上の桜花咲かむ春へは君し偲はむ

かな読み

たゆらきの|やまのをのへの|さくらばな|さかむはるへは|きみをしのはむ

カタカナ読み

タユラキノ|ヤマノヲノヘノ|サクラバナ|サカムハルヘハ|キミヲシノハム

ローマ字読み|大文字

TAYURAKINO|YAMANONOHENO|SAKURABANA|SAKAMUHARUHEHA|KIMIOSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

tayurakino|yamanonoheno|sakurabana|sakamuharuheha|kimioshinohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|播磨娘子|餞別|別悞|姫路|兵庫|枕詞|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|岑->峯【元】【類】【紀】【温】|乎->之【元】【藍】

寛永版本

たゆらきの[寛],
やまのをのへの[寛],
さくらばな,[寛]さくらはな,
さかむはるへは[寛],
きみをしのはむ,[寛]きみをおもはむ,

巻数

第9巻

作者

石川君子

タイトルとURLをコピーしました