万葉集1731番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1731番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1731番について

歌番号

1731番

原文

山科乃|石田社尓|布<麻>越者|蓋吾妹尓|直相鴨

訓読

山科の石田の杜に幣置かばけだし我妹に直に逢はむかも

かな読み

やましなの|いはたのもりに|ぬさおかば|けだしわぎもに|ただにあはむかも

カタカナ読み

ヤマシナノ|イハタノモリニ|ヌサオカバ|ケダシワギモニ|タダニアハムカモ

ローマ字読み|大文字

YAMASHINANO|IHATANOMORINI|NUSAOKABA|KEDASHIWAGIMONI|TADANIAHAMUKAMO

ローマ字読み|小文字

yamashinano|ihatanomorini|nusaokaba|kedashiwagimoni|tadaniahamukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|京都|羈旅|望郷|手向醎|地名

校異

靡->麻【藍】【壬】【類】【紀】

寛永版本

やましなの[寛],
いはたのもりに[寛],
ぬさおかば,[寛]ふみこえは,
けだしわぎもに,[寛]けたしわきもに,
ただにあはむかも,[寛]たたにあはむかも,

巻数

第9巻

作者

藤原宇合

タイトルとURLをコピーしました