万葉集1705番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1705番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1705番について

歌番号

1705番

原文

冬木成|春部戀而|殖木|實成時|片待吾等叙

訓読

冬こもり春へを恋ひて植ゑし木の実になる時を片待つ我れぞ

かな読み

ふゆこもり|はるへをこひて|うゑしきの|みになるときを|かたまつわれぞ

カタカナ読み

フユコモリ|ハルヘヲコヒテ|ウヱシキノ|ミニナルトキヲ|カタマツワレゾ

ローマ字読み|大文字

FUYUKOMORI|HARUHEOKOHITE|UESHIKINO|MININARUTOKIO|KATAMATSUWAREZO

ローマ字読み|小文字

fuyukomori|haruheokohite|ueshikino|mininarutokio|katamatsuwarezo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|舎人皇子|献呈歌|非略体|季節

校異

特に無し

寛永版本

ふゆこもり,[寛]ふゆこなり,
はるへをこひて[寛],
うゑしきの[寛],
みになるときを[寛],
かたまつわれぞ,[寛]かたまつわれそ,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました