万葉集1680番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1680番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1680番について

歌番号

1680番

原文

朝裳吉|木方徃君我|信土山|越濫今日曽|雨莫零根

訓読

あさもよし紀へ行く君が真土山越ゆらむ今日ぞ雨な降りそね

かな読み

あさもよし|きへゆくきみが|まつちやま|こゆらむけふぞ|あめなふりそね

カタカナ読み

アサモヨシ|キヘユクキミガ|マツチヤマ|コユラムケフゾ|アメナフリソネ

ローマ字読み|大文字

ASAMOYOSHI|KIHEYUKUKIMIGA|MATSUCHIYAMA|KOYURAMUKEFUZO|AMENAFURISONE

ローマ字読み|小文字

asamoyoshi|kiheyukukimiga|matsuchiyama|koyuramukefuzo|amenafurisone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|和歌山|餞別|留守|地名

校異

歌【西】謌

寛永版本

あさもよし,[寛]あさもよい,
きへゆくきみが,[寛]きへゆくきみか,
まつちやま[寛],
こゆらむけふぞ,[寛]こゆらむけふそ,
あめなふりそね[寛],

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました