万葉集1723番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1723番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1723番について

歌番号

1723番

原文

河蝦鳴|六田乃河之|川楊乃|根毛居侶雖見|不飽<河>鴨

訓読

かわづ鳴く六田の川の川柳のねもころ見れど飽かぬ川かも

かな読み

かはづなく|むつたのかはの|かはやぎの|ねもころみれど|あかぬかはかも

カタカナ読み

カハヅナク|ムツタノカハノ|カハヤギノ|ネモコロミレド|アカヌカハカモ

ローマ字読み|大文字

KAHAZUNAKU|MUTSUTANOKAHANO|KAHAYAGINO|NEMOKOROMIREDO|AKANUKAHAKAMO

ローマ字読み|小文字

kahazunaku|mutsutanokahano|kahayagino|nemokoromiredo|akanukahakamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|柿本人麻呂歌集|吉野|土地讃美|羈旅|非略体|地名|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|君->河【壬】【類】【古】【紀】

寛永版本

かはづなく,[寛]かはつなく,
むつたのかはの[寛],
かはやぎの,[寛]かはやなきの,
ねもころみれど,[寛]ねもころみれと,
あかぬかはかも,[寛]あかぬきみかも,

巻数

第9巻

作者

タイトルとURLをコピーしました