万葉集1770番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1770番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1770番について

歌番号

1770番

原文

三諸乃|<神>能於婆勢流|泊瀬河|水尾之不断者|吾忘礼米也

訓読

みもろの神の帯ばせる泊瀬川水脈し絶えずは我れ忘れめや

かな読み

みもろの|かみのおばせる|はつせがは|みをしたえずは|われわすれめや

カタカナ読み

ミモロノ|カミノオバセル|ハツセガハ|ミヲシタエズハ|ワレワスレメヤ

ローマ字読み|大文字

MIMORONO|KAMINOBASERU|HATSUSEGAHA|MIOSHITAEZUHA|WAREWASUREMEYA

ローマ字読み|小文字

mimorono|kaminobaseru|hatsusegaha|mioshitaezuha|warewasuremeya

左注|左註

右二首古集中出

事項|分類・ジャンル

相聞|三輪高市麻呂|古集|餞別|宴席|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->神【西(右書)】【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

みもろの[寛],
かみのおばせる,[寛]かみのおはせる,
はつせがは,[寛]はつせかは,
みをしたえずは,[寛]みをのたえすは,
われわすれめや[寛],

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました