万葉集1709番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1709番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1709番について

歌番号

1709番

原文

御食向|南淵山之|巌者|落波太列可|削遺有

訓読

御食向ふ南淵山の巌には降りしはだれか消え残りたる

かな読み

みけむかふ|みなぶちやまの|いはほには|ふりしはだれか|きえのこりたる

カタカナ読み

ミケムカフ|ミナブチヤマノ|イハホニハ|フリシハダレカ|キエノコリタル

ローマ字読み|大文字

MIKEMUKAFU|MINABUCHIYAMANO|IHAHONIHA|FURISHIHADAREKA|KIENOKORITARU

ローマ字読み|小文字

mikemukafu|minabuchiyamano|ihahoniha|furishihadareka|kienokoritaru

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|弓削皇子|飛鳥|献呈歌|非略体|地名|季節

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

みけむかふ[寛],
みなぶちやまの,[寛]みなふちやまの,
いはほには[寛],
ふりしはだれか,[寛]ちるなみたらか,
きえのこりたる,[寛]けつりのこせる,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました