万葉集1675番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1675番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1675番について

歌番号

1675番

原文

藤白之|三坂乎越跡|白栲之|我衣乎者|所沾香裳

訓読

藤白の御坂を越ゆと白栲の我が衣手は濡れにけるかも

かな読み

ふぢしろの|みさかをこゆと|しろたへの|わがころもでは|ぬれにけるかも

カタカナ読み

フヂシロノ|ミサカヲコユト|シロタヘノ|ワガコロモデハ|ヌレニケルカモ

ローマ字読み|大文字

FUJISHIRONO|MISAKAOKOYUTO|SHIROTAHENO|WAGAKOROMODEHA|NURENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

fujishirono|misakaokoyuto|shirotaheno|wagakoromodeha|nurenikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|持統天皇|文武天皇|行幸|羈旅|紀州|和歌山|地名|大宝1年10月年紀

校異

特に無し

寛永版本

ふぢしろの,[寛]ふちしろの,
みさかをこゆと[寛],
しろたへの[寛],
わがころもでは,[寛]わかころもては,
ぬれにけるかも[寛],

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました