万葉集1649番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1649番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1649番について

歌番号

1649番

原文

今日零之|雪尓競而|我屋前之|冬木梅者|花開二家里

訓読

今日降りし雪に競ひて我が宿の冬木の梅は花咲きにけり

かな読み

けふふりし|ゆきにきほひて|わがやどの|ふゆきのうめは|はなさきにけり

カタカナ読み

ケフフリシ|ユキニキホヒテ|ワガヤドノ|フユキノウメハ|ハナサキニケリ

ローマ字読み|大文字

KEFUFURISHI|YUKINIKIHOHITE|WAGAYADONO|FUYUKINOMEHA|HANASAKINIKERI

ローマ字読み|小文字

kefufurishi|yukinikihohite|wagayadono|fuyukinomeha|hanasakinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

けふふりし[寛],
ゆきにきほひて[寛],
わがやどの,[寛]わかやとの,
ふゆきのうめは[寛],
はなさきにけり[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました