万葉集1662番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1662番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1662番について

歌番号

1662番

原文

沫雪之|可消物乎|至今<尓>|流經者|妹尓相曽

訓読

沫雪の消ぬべきものを今までに流らへぬるは妹に逢はむとぞ

かな読み

あわゆきの|けぬべきものを|いままでに|ながらへぬるは|いもにあはむとぞ

カタカナ読み

アワユキノ|ケヌベキモノヲ|イママデニ|ナガラヘヌルハ|イモニアハムトゾ

ローマ字読み|大文字

AWAYUKINO|KENUBEKIMONO|IMAMADENI|NAGARAHENURUHA|IMONIAHAMUTOZO

ローマ字読み|小文字

awayukino|kenubekimono|imamadeni|nagarahenuruha|imoniahamutozo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|坂上大嬢|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->尓【類】【紀】

寛永版本

あわゆきの,[寛]あはゆきの,
けぬべきものを,[寛]けぬへきものを,
いままでに,[寛]いままてに,
ながらへぬるは,[寛]なからへぬれは,
いもにあはむとぞ,[寛]いもにあへるそ,

巻数

第8巻

作者

田村大嬢

タイトルとURLをコピーしました