万葉集1628番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1628番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1628番について

歌番号

1628番

原文

吾屋前之|芽子乃下葉者|秋風毛|未吹者|如此曽毛美照

訓読

我が宿の萩の下葉は秋風もいまだ吹かねばかくぞもみてる

かな読み

わがやどの|はぎのしたばは|あきかぜも|いまだふかねば|かくぞもみてる

カタカナ読み

ワガヤドノ|ハギノシタバハ|アキカゼモ|イマダフカネバ|カクゾモミテル

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|HAGINOSHITABAHA|AKIKAZEMO|IMADAFUKANEBA|KAKUZOMOMITERU

ローマ字読み|小文字

wagayadono|haginoshitabaha|akikazemo|imadafukaneba|kakuzomomiteru

左注|左註

右二首天平十二年庚辰夏六月徃来

事項|分類・ジャンル

秋相聞|坂上大嬢|天平12年6月年紀|贈答|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
はぎのしたばは,[寛]はきのしたはは,
あきかぜも,[寛]あきかせも,
いまだふかねば,[寛]いまたふかねは,
かくぞもみてる,[寛]かくそもみてる,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました