万葉集1473番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1473番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1473番について

歌番号

1473番

原文

橘之|花散里乃|霍公鳥|片戀為乍|鳴日四曽多寸

訓読

橘の花散る里の霍公鳥片恋しつつ鳴く日しぞ多き

かな読み

たちばなの|はなちるさとの|ほととぎす|かたこひしつつ|なくひしぞおほき

カタカナ読み

タチバナノ|ハナチルサトノ|ホトトギス|カタコヒシツツ|ナクヒシゾオホキ

ローマ字読み|大文字

TACHIBANANO|HANACHIRUSATONO|HOTOTOGISU|KATAKOHISHITSUTSU|NAKUHISHIZOHOKI

ローマ字読み|小文字

tachibanano|hanachirusatono|hototogisu|katakohishitsutsu|nakuhishizohoki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|太宰府|和歌|石上堅魚|非情|恋情|植物|動物

校異

太->大【紀】【温】【矢】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たちばなの,[寛]たちはなの,
はなちるさとの[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
かたこひしつつ[寛],
なくひしぞおほき,[寛]なくひしそおほき,

巻数

第8巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました