万葉集1661番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1661番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1661番について

歌番号

1661番

原文

久方乃|月夜乎清美|梅花|心開而|吾念有公

訓読

久方の月夜を清み梅の花心開けて我が思へる君

かな読み

ひさかたの|つくよをきよみ|うめのはな|こころひらけて|あがおもへるきみ

カタカナ読み

ヒサカタノ|ツクヨヲキヨミ|ウメノハナ|ココロヒラケテ|アガオモヘルキミ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|TSUKUYOKIYOMI|UMENOHANA|KOKOROHIRAKETE|AGAOMOHERUKIMI

ローマ字読み|小文字

hisakatano|tsukuyokiyomi|umenohana|kokorohirakete|agaomoherukimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|恋情|枕詞|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ひさかたの[寛],
つくよをきよみ,[寛]つきよをきよみ,
うめのはな[寛],
こころひらけて[寛],
あがおもへるきみ,[寛]わかおもへるきみ,

巻数

第8巻

作者

紀少鹿女郎

タイトルとURLをコピーしました