万葉集1539番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1539番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1539番について

歌番号

1539番

原文

秋<田>乃|穂田乎鴈之鳴|闇尓|夜之穂杼呂尓毛|鳴渡可聞

訓読

秋の田の穂田を雁がね暗けくに夜のほどろにも鳴き渡るかも

かな読み

あきのたの|ほたをかりがね|くらけくに|よのほどろにも|なきわたるかも

カタカナ読み

アキノタノ|ホタヲカリガネ|クラケクニ|ヨノホドロニモ|ナキワタルカモ

ローマ字読み|大文字

AKINOTANO|HOTAOKARIGANE|KURAKEKUNI|YONOHODORONIMO|NAKIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

akinotano|hotaokarigane|kurakekuni|yonohodoronimo|nakiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|季節|叙景

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|日->田【矢】【京】

寛永版本

あきのたの[寛],
ほたをかりがね,[寛]ほたをかりかね,
くらけくに,[寛]くらやみに,
よのほどろにも,[寛]よのほとろにも,
なきわたるかも[寛],

巻数

第8巻

作者

聖武天皇

タイトルとURLをコピーしました