万葉集1531番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1531番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1531番について

歌番号

1531番

原文

珠匣|葦木乃河乎|今日見者|迄萬代|将忘八方

訓読

玉櫛笥蘆城の川を今日見ては万代までに忘らえめやも

かな読み

たまくしげ|あしきのかはを|けふみては|よろづよまでに|わすらえめやも

カタカナ読み

タマクシゲ|アシキノカハヲ|ケフミテハ|ヨロヅヨマデニ|ワスラエメヤモ

ローマ字読み|大文字

TAMAKUSHIGE|ASHIKINOKAHAO|KEFUMITEHA|YOROZUYOMADENI|WASURAEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

tamakushige|ashikinokahao|kefumiteha|yorozuyomadeni|wasuraemeyamo

左注|左註

右二首作者未詳

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|福岡県|太宰府|宴席|土地讃美|枕詞|地名

校異

特に無し

寛永版本

たまくしげ,[寛]たまくしけ,
あしきのかはを[寛],
けふみては,[寛]けふみれは,
よろづよまでに,[寛]よろつよまてに,
わすらえめやも,[寛]わすられめやも,

巻数

第8巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました