万葉集1638番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1638番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1638番について

歌番号

1638番

原文

青丹吉|奈良乃山有|黒木用|造有室者|雖居座不飽可聞

訓読

あをによし奈良の山なる黒木もち造れる室は座せど飽かぬかも

かな読み

あをによし|ならのやまなる|くろきもち|つくれるむろは|ませどあかぬかも

カタカナ読み

アヲニヨシ|ナラノヤマナル|クロキモチ|ツクレルムロハ|マセドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

AONIYOSHI|NARANOYAMANARU|KUROKIMOCHI|TSUKURERUMUROHA|MASEDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

aoniyoshi|naranoyamanaru|kurokimochi|tsukurerumuroha|masedoakanukamo

左注|左註

右聞之御在左大臣長屋王佐保宅肆宴御製

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|長屋王|宴席|室讃姤|奈良|地名

校異

特に無し

寛永版本

あをによし[寛],
ならのやまなる[寛],
くろきもち,[寛]くろきもて,
つくれるむろは,[寛]つくれるやとは,
ませどあかぬかも,[寛]をれとあかすかも,

巻数

第8巻

作者

聖武天皇

タイトルとURLをコピーしました