万葉集1650番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1650番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1650番について

歌番号

1650番

原文

池邊乃|松之末葉尓|零雪者|五百重零敷|明日左倍母将見

訓読

池の辺の松の末葉に降る雪は五百重降りしけ明日さへも見む

かな読み

いけのへの|まつのうらばに|ふるゆきは|いほへふりしけ|あすさへもみむ

カタカナ読み

イケノヘノ|マツノウラバニ|フルユキハ|イホヘフリシケ|アスサヘモミム

ローマ字読み|大文字

IKENOHENO|MATSUNORABANI|FURUYUKIHA|IHOHEFURISHIKE|ASUSAHEMOMIMU

ローマ字読み|小文字

ikenoheno|matsunorabani|furuyukiha|ihohefurishike|asusahemomimu

左注|左註

右一首作者未詳|但堅子阿倍朝臣虫麻呂傳誦之

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|阿倍虫麻呂|宴席|肆宴|伝誦|宮廷|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いけのへの[寛],
まつのうらばに,[寛]まつのすゑはに,
ふるゆきは[寛],
いほへふりしけ[寛],
あすさへもみむ[寛],

巻数

第8巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました