万葉集1512番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1512番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1512番について

歌番号

1512番

原文

經毛無|緯毛不定|未通女等之|織黄葉尓|霜莫零

訓読

経もなく緯も定めず娘子らが織る黄葉に霜な降りそね

かな読み

たてもなく|ぬきもさだめず|をとめらが|おるもみちばに|しもなふりそね

カタカナ読み

タテモナク|ヌキモサダメズ|ヲトメラガ|オルモミチバニ|シモナフリソネ

ローマ字読み|大文字

TATEMONAKU|NUKIMOSADAMEZU|OTOMERAGA|ORUMOMICHIBANI|SHIMONAFURISONE

ローマ字読み|小文字

tatemonaku|nukimosadamezu|otomeraga|orumomichibani|shimonafurisone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たてもなく[寛],
ぬきもさだめず,[寛]ぬきもさためす,
をとめらが,[寛]をとめらか,
おるもみちばに,[寛]をれるもみちに,
しもなふりそね[寛],

巻数

第8巻

作者

大津皇子

タイトルとURLをコピーしました