万葉集1660番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1660番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1660番について

歌番号

1660番

原文

梅花|令落冬風|音耳|聞之吾妹乎|見良久志吉裳

訓読

梅の花散らすあらしの音のみに聞きし我妹を見らくしよしも

かな読み

うめのはな|ちらすあらしの|おとのみに|ききしわぎもを|みらくしよしも

カタカナ読み

ウメノハナ|チラスアラシノ|オトノミニ|キキシワギモヲ|ミラクシヨシモ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|CHIRASUARASHINO|OTONOMINI|KIKISHIWAGIMO|MIRAKUSHIYOSHIMO

ローマ字読み|小文字

umenohana|chirasuarashino|otonomini|kikishiwagimo|mirakushiyoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|植物|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

うめのはな[寛],
ちらすあらしの[寛],
おとのみに,[寛]おとにのみ,
ききしわぎもを,[寛]ききしわきもを,
みらくしよしも[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴駿河麻呂

タイトルとURLをコピーしました