万葉集1421番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1421番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1421番について

歌番号

1421番

原文

,春山之|開乃乎為<里>尓|春菜採|妹之白紐|見九四与四門

訓読

春山の咲きのををりに春菜摘む妹が白紐見らくしよしも

かな読み

はるやまの|さきのををりに|はるなつむ|いもがしらひも|みらくしよしも

カタカナ読み

ハルヤマノ|サキノヲヲリニ|ハルナツム|イモガシラヒモ|ミラクシヨシモ

ローマ字読み|大文字

HARUYAMANO|SAKINOORINI|HARUNATSUMU|IMOGASHIRAHIMO|MIRAKUSHIYOSHIMO

ローマ字読み|小文字

haruyamano|sakinoorini|harunatsumu|imogashirahimo|mirakushiyoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|野遊び|菜摘牫|恋情|妻問媿

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|黒->里【万葉考】

寛永版本

はるやまの[寛],
さきのををりに,[寛]さくのをすくるに,
はるなつむ,[寛]わかなつむ,
いもがしらひも,[寛]いもかしらひも,
みらくしよしも[寛],

巻数

第8巻

作者

尾張連

タイトルとURLをコピーしました