万葉集1641番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1641番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集1641番について

歌番号

1641番

原文

沫雪尓|所落開有|梅花|君之許遣者|与曽倍弖牟可聞

訓読

沫雪に降らえて咲ける梅の花君がり遣らばよそへてむかも

かな読み

あわゆきに|ふらえてさける|うめのはな|きみがりやらば|よそへてむかも

カタカナ読み

アワユキニ|フラエテサケル|ウメノハナ|キミガリヤラバ|ヨソヘテムカモ

ローマ字読み|大文字

AWAYUKINI|FURAETESAKERU|UMENOHANA|KIMIGARIYARABA|YOSOHETEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

awayukini|furaetesakeru|umenohana|kimigariyaraba|yosohetemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->一首【紀】【細】

寛永版本

あわゆきに,[寛]あはゆきに,
ふらえてさける,[寛]ふられてさける,
うめのはな[寛],
きみがりやらば,[寛]きみかりやらは,
よそへてむかも[寛],

巻数

第8巻

作者

角廣辨

タイトルとURLをコピーしました