万葉集1597番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1597番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1597番について

歌番号

1597番

原文

秋野尓|開流秋芽子|秋風尓|靡流上尓|秋露置有

訓読

秋の野に咲ける秋萩秋風に靡ける上に秋の露置けり

かな読み

あきののに|さけるあきはぎ|あきかぜに|なびけるうへに|あきのつゆおけり

カタカナ読み

アキノノニ|サケルアキハギ|アキカゼニ|ナビケルウヘニ|アキノツユオケリ

ローマ字読み|大文字

AKINONONI|SAKERUAKIHAGI|AKIKAZENI|NABIKERUHENI|AKINOTSUYUOKERI

ローマ字読み|小文字

akinononi|sakeruakihagi|akikazeni|nabikeruheni|akinotsuyuokeri

左注|左註

右天平十五年癸未秋八月見物色作

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|天平15年8月年紀|植物|季節

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あきののに[寛],
さけるあきはぎ,[寛]さけりあきはき,
あきかぜに,[寛]あきかせに,
なびけるうへに,[寛]なひけるうへに,
あきのつゆおけり[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました