万葉集1621番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1621番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1621番について

歌番号

1621番

原文

吾屋前<之>|芽子花咲有|見来益|今二日許|有者将落

訓読

我が宿の萩花咲けり見に来ませいま二日だみあらば散りなむ

かな読み

わがやどの|はぎはなさけり|みにきませ|いまふつかだみ|あらばちりなむ

カタカナ読み

ワガヤドノ|ハギハナサケリ|ミニキマセ|イマフツカダミ|アラバチリナム

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|HAGIHANASAKERI|MINIKIMASE|IMAFUTSUKADAMI|ARABACHIRINAMU

ローマ字読み|小文字

wagayadono|hagihanasakeri|minikimase|imafutsukadami|arabachirinamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|勧誘|恋情|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|乃->之【類】【紀】

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
はぎはなさけり,[寛]はきのはなさけり,
みにきませ[寛],
いまふつかだみ,[寛]いまふつかはかり,
あらばちりなむ,[寛]あらはちりなむ,

巻数

第8巻

作者

巫部麻蘇娘子

タイトルとURLをコピーしました