万葉集1425番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1425番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1425番について

歌番号

1425番

原文

足比奇乃|山櫻花|日並而|如是開有者|甚戀目夜裳

訓読

あしひきの山桜花日並べてかく咲きたらばいたく恋ひめやも

かな読み

あしひきの|やまさくらばな|ひならべて|かくさきたらば|いたくこひめやも

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマサクラバナ|ヒナラベテ|カクサキタラバ|イタクコヒメヤモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMASAKURABANA|HINARABETE|KAKUSAKITARABA|ITAKUKOHIMEYAMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamasakurabana|hinarabete|kakusakitaraba|itakukohimeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|野遊び|比喩|恋情|植物

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまさくらばな,[寛]やまさくらはな,
ひならべて,[寛]ひならへて,
かくさきたらば,[寛]かくしさけらは,
いたくこひめやも,[寛]いとこひめやも,

巻数

第8巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました