万葉集1564番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1564番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1564番について

歌番号

1564番

原文

秋付者|尾花我上尓|置露乃|應消毛吾者|所念香聞

訓読

秋づけば尾花が上に置く露の消ぬべくも我は思ほゆるかも

かな読み

あきづけば|をばながうへに|おくつゆの|けぬべくもわは|おもほゆるかも

カタカナ読み

アキヅケバ|ヲバナガウヘニ|オクツユノ|ケヌベクモワハ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

AKIZUKEBA|OBANAGAUHENI|OKUTSUYUNO|KENUBEKUMOWAHA|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

akizukeba|obanagauheni|okutsuyuno|kenubekumowaha|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|大伴家持|恋歌|恋情|植物

校異

曰->日【紀】【細】【温】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あきづけば,[寛]あきつけは,
をばながうへに,[寛]をはなかうへに,
おくつゆの[寛],
けぬべくもわは,[寛]けぬへくもわれは,
おもほゆるかも[寛],

巻数

第8巻

作者

日置長枝娘子

タイトルとURLをコピーしました