万葉集1579番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1579番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1579番について

歌番号

1579番

原文

朝扉開而|物念時尓|白露乃|置有秋芽子|所見喚鶏本名

訓読

朝戸開けて物思ふ時に白露の置ける秋萩見えつつもとな

かな読み

あさとあけて|ものもふときに|しらつゆの|おけるあきはぎ|みえつつもとな

カタカナ読み

アサトアケテ|モノモフトキニ|シラツユノ|オケルアキハギ|ミエツツモトナ

ローマ字読み|大文字

ASATOAKETE|MONOMOFUTOKINI|SHIRATSUYUNO|OKERUAKIHAGI|MIETSUTSUMOTONA

ローマ字読み|小文字

asatoakete|monomofutokini|shiratsuyuno|okeruakihagi|mietsutsumotona

左注|左註

右二首文忌寸馬養|天平十年戊寅秋八月廿日

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|宴席|橘諸兄|天平10年8月20日年紀|植物

校異

特に無し

寛永版本

あさとあけて[寛],
ものもふときに,[寛]ものおもふときに,
しらつゆの[寛],
おけるあきはぎ,[寛]おけるあきはき,
みえつつもとな[寛],

巻数

第8巻

作者

文馬養

タイトルとURLをコピーしました