万葉集1654番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1654番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1654番について

歌番号

1654番

原文

松影乃|淺茅之上乃|白雪乎|不令消将置|言者可聞奈吉

訓読

松蔭の浅茅の上の白雪を消たずて置かむことはかもなき

かな読み

まつかげの|あさぢのうへの|しらゆきを|けたずておかむ|ことはかもなき

カタカナ読み

マツカゲノ|アサヂノウヘノ|シラユキヲ|ケタズテオカム|コトハカモナキ

ローマ字読み|大文字

MATSUKAGENO|ASAJINOHENO|SHIRAYUKIO|KETAZUTEOKAMU|KOTOHAKAMONAKI

ローマ字読み|小文字

matsukageno|asajinoheno|shirayukio|ketazuteokamu|kotohakamonaki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

まつかげの,[寛]まつかけの,
あさぢのうへの,[寛]あさちかうへの,
しらゆきを[寛],
けたずておかむ,[寛]けたすておかむ,
ことはかもなき,[寛]いへはかもなき,

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました