万葉集1568番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1568番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1568番について

歌番号

1568番

原文

雨隠|情欝悒|出見者|春日山者|色付二家利

訓読

雨隠り心いぶせみ出で見れば春日の山は色づきにけり

かな読み

あまごもり|こころいぶせみ|いでみれば|かすがのやまは|いろづきにけり

カタカナ読み

アマゴモリ|ココロイブセミ|イデミレバ|カスガノヤマハ|イロヅキニケリ

ローマ字読み|大文字

AMAGOMORI|KOKOROIBUSEMI|IDEMIREBA|KASUGANOYAMAHA|IROZUKINIKERI

ローマ字読み|小文字

amagomori|kokoroibusemi|idemireba|kasuganoyamaha|irozukinikeri

左注|左註

右四首天平八年丙子秋九月作

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|鬱屈|奈良|雨隠|天平8年9月年紀|地名|季節

校異

特に無し

寛永版本

あまごもり,[寛]あまこもり,
こころいぶせみ,[寛]こころゆかしみ,
いでみれば,[寛]いてみれは,
かすがのやまは,[寛]かすかのやまは,
いろづきにけり,[寛]いろつきにけり,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました