万葉集1589番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1589番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1589番について

歌番号

1589番

原文

露霜尓|逢有黄葉乎|手折来而|妹挿頭都|後者落十方

訓読

露霜にあへる黄葉を手折り来て妹とかざしつ後は散るとも

かな読み

つゆしもに|あへるもみちを|たをりきて|いもはかざしつ|のちはちるとも

カタカナ読み

ツユシモニ|アヘルモミチヲ|タヲリキテ|イモハカザシツ|ノチハチルトモ

ローマ字読み|大文字

TSUYUSHIMONI|AHERUMOMICHIO|TAORIKITE|IMOHAKAZASHITSU|NOCHIHACHIRUTOMO

ローマ字読み|小文字

tsuyushimoni|aherumomichio|taorikite|imohakazashitsu|nochihachirutomo

左注|左註

右一首秦許遍麻呂|以前冬十月十七日集於右大臣橘卿之舊宅宴飲也

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|橘奈良麻呂|宴席|天平10年10月17日年紀|植物

校異

特に無し

寛永版本

つゆしもに[寛],
あへるもみちを[寛],
たをりきて[寛],
いもはかざしつ,[寛]いもにかさしつ,
のちはちるとも[寛],

巻数

第8巻

作者

秦許遍麻呂

タイトルとURLをコピーしました