万葉集1600番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1600番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1600番について

歌番号

1600番

原文

妻戀尓|鹿鳴山邊之|秋芽子者|露霜寒|盛須疑由君

訓読

妻恋ひに鹿鳴く山辺の秋萩は露霜寒み盛り過ぎゆく

かな読み

つまごひに|かなくやまへの|あきはぎは|つゆしもさむみ|さかりすぎゆく

カタカナ読み

ツマゴヒニ|カナクヤマヘノ|アキハギハ|ツユシモサムミ|サカリスギユク

ローマ字読み|大文字

TSUMAGOHINI|KANAKUYAMAHENO|AKIHAGIHA|TSUYUSHIMOSAMUMI|SAKARISUGIYUKU

ローマ字読み|小文字

tsumagohini|kanakuyamaheno|akihagiha|tsuyushimosamumi|sakarisugiyuku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|動物|季節

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

つまごひに,[寛]つまこひに,
かなくやまへの,[寛]しかなくやまの,
あきはぎは,[寛]あきはきは,
つゆしもさむみ[寛],
さかりすぎゆく,[寛]さかりすきゆく,

巻数

第8巻

作者

石川広成

タイトルとURLをコピーしました