万葉集1557番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1557番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1557番について

歌番号

1557番

原文

明日香河|逝廻<丘>之|秋芽<子>者|今日零雨尓|落香過奈牟

訓読

明日香川行き廻る岡の秋萩は今日降る雨に散りか過ぎなむ

かな読み

あすかがは|ゆきみるをかの|あきはぎは|けふふるあめに|ちりかすぎなむ

カタカナ読み

アスカガハ|ユキミルヲカノ|アキハギハ|ケフフルアメニ|チリカスギナム

ローマ字読み|大文字

ASUKAGAHA|YUKIMIRUOKANO|AKIHAGIHA|KEFUFURUAMENI|CHIRIKASUGINAMU

ローマ字読み|小文字

asukagaha|yukimiruokano|akihagiha|kefufuruameni|chirikasuginamu

左注|左註

右一首丹比真人國人

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|飛鳥|宴席|豊浦寺|尼|地名|植物|季節

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌->謌|岳->丘【類】【紀】|->子【類】【紀】【温】

寛永版本

あすかがは,[寛]あすかかは,
ゆきみるをかの,[寛]ゆききのをかの,
あきはぎは,[寛]あきはきは,
けふふるあめに[寛],
ちりかすぎなむ,[寛]ちりかすきなむ,

巻数

第8巻

作者

丹比国人

タイトルとURLをコピーしました