万葉集1456番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1456番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1456番について

歌番号

1456番

原文

此花乃|一与能内尓|百種乃|言曽隠有|於保呂可尓為莫

訓読

この花の一節のうちに百種の言ぞ隠れるおほろかにすな

かな読み

このはなの|ひとよのうちに|ももくさの|ことぞこもれる|おほろかにすな

カタカナ読み

コノハナノ|ヒトヨノウチニ|モモクサノ|コトゾコモレル|オホロカニスナ

ローマ字読み|大文字

KONOHANANO|HITOYONOCHINI|MOMOKUSANO|KOTOZOKOMORERU|OHOROKANISUNA

ローマ字読み|小文字

konohanano|hitoyonochini|momokusano|kotozokomoreru|ohorokanisuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|娘子|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

このはなの[寛],
ひとよのうちに[寛],
ももくさの[寛],
ことぞこもれる,[寛]ことそこもれる,
おほろかにすな[寛],

巻数

第8巻

作者

藤原広嗣

タイトルとURLをコピーしました