万葉集1614番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1614番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1614番について

歌番号

1614番

原文

九月之|其始鴈乃|使尓毛|念心者|<所>聞来奴鴨

訓読

九月のその初雁の使にも思ふ心は聞こえ来ぬかも

かな読み

ながつきの|そのはつかりの|つかひにも|おもふこころは|きこえこぬかも

カタカナ読み

ナガツキノ|ソノハツカリノ|ツカヒニモ|オモフココロハ|キコエコヌカモ

ローマ字読み|大文字

NAGATSUKINO|SONOHATSUKARINO|TSUKAHINIMO|OMOFUKOKOROHA|KIKOEKONUKAMO

ローマ字読み|小文字

nagatsukino|sonohatsukarino|tsukahinimo|omofukokoroha|kikoekonukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|聖武天皇|大夫|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|可->所【代匠記初稿本】

寛永版本

ながつきの,[寛]なかつきの,
そのはつかりの[寛],
つかひにも[寛],
おもふこころは[寛],
きこえこぬかも[寛],

巻数

第8巻

作者

桜井王

タイトルとURLをコピーしました