万葉集1540番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1540番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1540番について

歌番号

1540番

原文

今朝乃旦開|鴈鳴寒|聞之奈倍|野邊能淺茅曽|色付丹来

訓読

今朝の朝明雁が音寒く聞きしなへ野辺の浅茅ぞ色づきにける

かな読み

けさのあさけ|かりがねさむく|ききしなへ|のへのあさぢぞ|いろづきにける

カタカナ読み

ケサノアサケ|カリガネサムク|キキシナヘ|ノヘノアサヂゾ|イロヅキニケル

ローマ字読み|大文字

KESANOASAKE|KARIGANESAMUKU|KIKISHINAHE|NOHENOASAJIZO|IROZUKINIKERU

ローマ字読み|小文字

kesanoasake|kariganesamuku|kikishinahe|nohenoasajizo|irozukinikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|季節

校異

特に無し

寛永版本

けさのあさけ[寛],
かりがねさむく,[寛]かりかねさむみ,
ききしなへ[寛],
のへのあさぢぞ,[寛]のへのあさちそ,
いろづきにける,[寛]いろつきにける,

巻数

第8巻

作者

聖武天皇

タイトルとURLをコピーしました