万葉集1616番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1616番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1616番について

歌番号

1616番

原文

毎朝|吾見屋戸乃|瞿麦之|花尓毛君波|有許世奴香裳

訓読

朝ごとに我が見る宿のなでしこの花にも君はありこせぬかも

かな読み

あさごとに|わがみるやどの|なでしこの|はなにもきみは|ありこせぬかも

カタカナ読み

アサゴトニ|ワガミルヤドノ|ナデシコノ|ハナニモキミハ|アリコセヌカモ

ローマ字読み|大文字

ASAGOTONI|WAGAMIRUYADONO|NADESHIKONO|HANANIMOKIMIHA|ARIKOSENUKAMO

ローマ字読み|小文字

asagotoni|wagamiruyadono|nadeshikono|hananimokimiha|arikosenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|大伴家持|贈答|恋情|植物

校異

賜->贈【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あさごとに,[寛]あさことに,
わがみるやどの,[寛]わかみるやとの,
なでしこの,[寛]なてしこの,
はなにもきみは[寛],
ありこせぬかも[寛],

巻数

第8巻

作者

笠郎女

タイトルとURLをコピーしました