万葉集1502番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1502番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1502番について

歌番号

1502番

原文

五月之|花橘乎|為君|珠尓社貫|零巻惜美

訓読

五月の花橘を君がため玉にこそ貫け散らまく惜しみ

かな読み

さつきの|はなたちばなを|きみがため|たまにこそぬけ|ちらまくをしみ

カタカナ読み

サツキノ|ハナタチバナヲ|キミガタメ|タマニコソヌケ|チラマクヲシミ

ローマ字読み|大文字

SATSUKINO|HANATACHIBANAO|KIMIGATAME|TAMANIKOSONUKE|CHIRAMAKUOSHIMI

ローマ字読み|小文字

satsukino|hanatachibanao|kimigatame|tamanikosonuke|chiramakuoshimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

さつきの[寛],
はなたちばなを,[寛]はなたちはなを,
きみがため,[寛]きみかため,
たまにこそぬけ[寛],
ちらまくをしみ[寛],

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました