万葉集1508番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1508番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1508番について

歌番号

1508番

原文

望降|清月夜尓|吾妹兒尓|令覩常念之|屋前之橘

訓読

望ぐたち清き月夜に我妹子に見せむと思ひしやどの橘

かな読み

もちぐたち|きよきつくよに|わぎもこに|みせむとおもひし|やどのたちばな

カタカナ読み

モチグタチ|キヨキツクヨニ|ワギモコニ|ミセムトオモヒシ|ヤドノタチバナ

ローマ字読み|大文字

MOCHIGUTACHI|KIYOKITSUKUYONI|WAGIMOKONI|MISEMUTOMOHISHI|YADONOTACHIBANA

ローマ字読み|小文字

mochigutachi|kiyokitsukuyoni|wagimokoni|misemutomohishi|yadonotachibana

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|坂上大嬢|贈答|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|覩【類】【紀】【矢】【京】(塙)視

寛永版本

もちぐたち,[寛]もちくたち,
きよきつくよに,[寛]きよきつきよに,
わぎもこに,[寛]わきもこに,
みせむとおもひし[寛],
やどのたちばな,[寛]やとのたちはな,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました