万葉集1488番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1488番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1488番について

歌番号

1488番

原文

何處者|鳴毛思仁家武|霍公鳥|吾家乃里尓|<今>日耳曽鳴

訓読

いづくには鳴きもしにけむ霍公鳥我家の里に今日のみぞ鳴く

かな読み

いづくには|なきもしにけむ|ほととぎす|わぎへのさとに|けふのみぞなく

カタカナ読み

イヅクニハ|ナキモシニケム|ホトトギス|ワギヘノサトニ|ケフノミゾナク

ローマ字読み|大文字

IZUKUNIHA|NAKIMOSHINIKEMU|HOTOTOGISU|WAGIHENOSATONI|KEFUNOMIZONAKU

ローマ字読み|小文字

izukuniha|nakimoshinikemu|hototogisu|wagihenosatoni|kefunomizonaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|乃【春】【紀】之|->今【西(右書)】【類】【紀】【細】

寛永版本

いづくには,[寛]いつこかは,
なきもしにけむ[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
わぎへのさとに,[寛]わきへのさとに,
けふのみぞなく,[寛]けふのみそなく,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました