万葉集1503番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1503番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1503番について

歌番号

1503番

原文

吾妹兒之|家乃垣内乃|佐由理花|由利登云者|不<欲>云二似

訓読

我妹子が家の垣内のさ百合花ゆりと言へるはいなと言ふに似る

かな読み

わぎもこが|いへのかきつの|さゆりばな|ゆりといへるは|いなといふににる

カタカナ読み

ワギモコガ|イヘノカキツノ|サユリバナ|ユリトイヘルハ|イナトイフニニル

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|IHENOKAKITSUNO|SAYURIBANA|YURITOIHERUHA|INATOIFUNINIRU

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|ihenokakitsuno|sayuribana|yuritoiheruha|inatoifuniniru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|内乃【類】【紀】(塙)内|歌(謌)->欲【新訓】

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
いへのかきつの,[寛]やとのかきうちの,
さゆりばな,[寛]さゆりはな,
ゆりといへるは,[寛]ゆりとしいへは,
いなといふににる,[寛]うたはぬににる,

巻数

第8巻

作者

紀豊河

タイトルとURLをコピーしました