万葉集1462番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1462番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1462番について

歌番号

1462番

原文

吾君尓|戯奴者戀良思|給有|茅花手雖喫|弥痩尓夜須

訓読

我が君に戯奴は恋ふらし賜りたる茅花を食めどいや痩せに痩す

かな読み

あがきみに|わけはこふらし|たばりたる|つばなをはめど|いややせにやす

カタカナ読み

アガキミニ|ワケハコフラシ|タバリタル|ツバナヲハメド|イヤヤセニヤス

ローマ字読み|大文字

AGAKIMINI|WAKEHAKOFURASHI|TABARITARU|TSUBANAOHAMEDO|IYAYASENIYASU

ローマ字読み|小文字

agakimini|wakehakofurashi|tabaritaru|tsubanaohamedo|iyayaseniyasu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|和歌|紀女郎|植物|贈答

校異

特に無し

寛永版本

あがきみに,[寛]わかきみに,
わけはこふらし[寛],
たばりたる,[寛]たまひたる,
つばなをはめど,[寛]つはなをくへと,
いややせにやす[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました