万葉集1570番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1570番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1570番について

歌番号

1570番

原文

此間在而|春日也何處|雨障|出而不行者|戀乍曽乎流

訓読

ここにありて春日やいづち雨障み出でて行かねば恋ひつつぞ居る

かな読み

ここにありて|かすがやいづち|あまつつみ|いでてゆかねば|こひつつぞをる

カタカナ読み

ココニアリテ|カスガヤイヅチ|アマツツミ|イデテユカネバ|コヒツツゾヲル

ローマ字読み|大文字

KOKONIARITE|KASUGAYAIZUCHI|AMATSUTSUMI|IDETEYUKANEBA|KOHITSUTSUZORU

ローマ字読み|小文字

kokoniarite|kasugayaizuchi|amatsutsumi|ideteyukaneba|kohitsutsuzoru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|鬱屈|雨隠|地名|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ここにありて[寛],
かすがやいづち,[寛]かすかやいつこ,
あまつつみ,[寛]あまさはり,
いでてゆかねば,[寛]いててゆかねは,
こひつつぞをる,[寛]こひつつそをる,

巻数

第8巻

作者

藤原八束

タイトルとURLをコピーしました